【Unity開発】①初心者が0からスマホアプリを作る為の事前準備/環境構築

C#

初心者目線で知識0から始めるUnity開発第一弾。何から始めれば良いのか?何を揃えればいいのか?右も左もわからない初心者へ向けて、先ずは実際に開発を行う事前準備編!

スポンサーリンク

開発環境準備

Windows 10 Pro 1809

基本オンリーWindows。MacOS必要時は仮想環境で対応予定

Unity 2019.1.9f1

ここでUnity Hubをダウンロード。Unity Hubってのは異なるVerのUnityの管理的な役割。

で、ダウンロードするバージョンは【f】が含まれてる一番新しい奴が十分TESTされているバージョンらなので、
2019/07/10日現在だと Unity 2019.1.9f1 なのでこちらをダウンロード。

インストール時に以下も選択する!
□ Android Build Support
□ iOS Build Support
スマホゲーをビルドする用だそうなのでこの二つは必須。

Visual Studio Community 2017

自宅で普段使ってるやつそのまま。エディターは別に個人の好き好きかと思うのでこれは無くてもよし。

作る内容のイメージを固める

どんなアプリにする?

これ多分最初に躓くポイントの一つ。大体のイメージというか、これ作ってみたい!ってのが具現化されてないと、途中でほっぽってしまうのでしっかり構想を固めてから取り組むべし。
ゴール地点を決めないと何をすべきかは出てきません。

今回作る予定のアプリは昔に流行ったSFCaveの様なイメージ。

本当にシンプルに!ワンタップで!気軽に遊べる感じのもの。をモットーに。
一通り実装出来たらオンライン要素の触り(ランキング的な)も取り入れてそこを最終ゴール地点とします。

やる作業内容ざっくり

アセットストア(様々な素材をダウンロード出来る)で、音源やら画像やら適当に拾って来た物を繋ぎ合わせてみる。
で、イメージを掴んだら自分でお絵描きした素材や音源に置き換える のが初心者には取り合えずお勧め。

出来上がってるものをコピーして同じように作って見た方が画面操作とかも覚えられるし手っ取り早く身につくので。

手を動かさず基礎を睨めっこして学び続けるよりも、
取り合えずよう分からんけどやってみよう!って人の方がエンジニア向きでしょ?(個人的見解)

次回予告

取り合えず環境を整えたので、次回からは実際に実装に入って見たいと思います。

コメント