【C#】古い.NET Frameworkでファイル圧縮(Zip)を行う方法

C#

今は遥かに効率の良い圧縮形態が出ているけども、まだまだ現役なzip圧縮。
元からあるdllを参照に追加するだけかと思いきや、.Net Frameworkバージョンが古い場合は色々制限があって想定と違った話。

スポンサーリンク

最初にやった事

今回は共有フォルダに置かれているエクセルを、ZIPで固めて添付してメールを送るシステムを作る事に。
ZIPするならZipFileクラスで行うのが一般的らしいのでまず以下を実施してみた。

プロジェクト→参照の追加で【C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319】にある、
System.IO.Compression.FileSystem.dll、System.IO.Compression.ZipFile.dllを追加する。
※最後のv4.0.30319は人によりけり

実行環境
OS:Win10 1903
IDE:Visual Studio Express 2013



MakeZip(System.IO.Compression)

フォルダパスを指定してZipするので、圧縮したいファイルと同じ階層に同じ名前のフォルダを作成し、その中にファイルをコピーさせてみた。すっごい回りくどいけどテスト段階だったからご愛敬と言う事で・・・

これで圧縮は出来た、が、TEST.xlsxならOKだけどもテスト.xlsxだと文字化けして失敗してしまった(デフォルトがUTF-8)。
その回避策としてCreateFromDirectoryに対し下記の様にZip生成時にパラメータを追加してエンコードを行った訳です↓

 

ここで問題が・・・

ここからが本題。結論から言うと CompressionLevel.Optimal ← これが.Net Frameworkバージョン4.5からでないとダメらしく、アセンブリ参照が不足していますと起こられてしまう。
※4.5以上の人は上記コードコピッペで動作します。

その他もろもろにも影響を及ぼすから~とかなんとかでバージョンを上げるって解が無い残念な弊社。かと言ってファイル名に日本語不可運用もちょっと非現実的・・・
じゃあどうするか??

DotNetZipを使用する

DotNetZipは.NET Framework 2.0以上で使用出来る強い味方。使用方法もとてもシンプルで使いやすく、古いFramework縛りならこれが最適解。ただし、本家のサイトはココなのだけれども、どこにも必要なファイルが無い(2020/10/26現在)

ここからdll直でダウンロードしてきて、プロジェクト→参照の追加で追加してさえあげれば、
以下の様な記述で文字化けせずにZip処理が出来た↓




MakeZip(DotNetZip)

AddFileは第二引数に書庫内のパスを指定できるのですが、省略するとそれまでの階層が全部出来てしまう仕様。
192.168.100.100フォルダ→共有フォルダ→テスト.xlsxてな具合。

なので今回の様に単一ファイルをzipで送りたい場合等は空白指定をした方がよいですね。

後同じファイルをAddFileするとエラーになるので、重複する恐れのある実装の場合File.Exists等でチェックしましょう。

コメント