【TypeGuessRows】C#でExcelファイル取り込み(OleDB接続)時の注意事項とは【ImportMixedTypes】

C#

本日はC#でエクセルをインポートした時に取り込めないカラム、と言うか空白になってしまい正常な取得が出来なかった時の対処法の話し。

スポンサーリンク

コード全体図

上記、よくあるインポートですが、これで取り込んだ時に本来データがあるハズのカラムのデータがまるっと空っぽになる現象に見舞われました。

原因は?

取り込み元のエクセルを見てみたところ、最初のレコードからしばらく空白が続き、その後文字列が出現するような感じ。ん?なんかこれ前にも合ったような…

そう、このへんで触れた内容ですね。もう原因ははっきりしてますけども、念のためデータ型を確認してみる

↑で見てみたところ、案の定stringでいて欲しいのにDoubleと判断されてしまい、文字列が抹殺されてしまった模様でした。
以前も記載しましたが奴らは頭から8行(デフォルトの場合。 1 ~ 16に変更も可)をスキャン して、
カラム毎のデータ型を自動で判断してきやがります。

で、対処法として接続文字列strConString に追加してる様な記事を良く見かけるんですが、
あれ一切効果ないです。
ImportMixedTypesやTypeGuessRowsは接続文字列で設定したとしても、PC側のレジストリを見に行くからです。

対処法

接続方式を変更すればいいんですが、共通で使わされてて変更も出来ない!みたいな場合もあるかと思うので、
今回は素直にレジストリをいじってみます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\14.0\Access Connectivity Engine\Engines\Excel

ここでTypeGuessRowsと ImportMixedTypes の変更を行います。
ImportMixedTypesは単純にテキストで問題無しですが、TypeGuessRowsの設定はちょっと人によるかも 。

0にするとフルスキャンするので、単純に走破時間がレコード数に比例して膨れ上がります。
1にすれば、単純にヘッダーが文字列ならもう文字列としてくれるけども、ヘッダーが無い腐れエクセルを扱わなければ行けない場合だとまた話は変わってしまう… まぁ今回は基本ヘッダーがあるデータしか取り込まないので1にして無事解決しましたとさ。

まとめ

そんなこんなでこの接続方式でデータ取り込み時に、カラム単位で消滅してしまう場合は基本このレジストリの設定が関わってるとみて間違いないです。会社規定やグループポリシーでレジストリをいじれない場合は接続方式の変更を検討するしかない!
みなさまもご注意ください(ᵔᴥᵔ)

コメント