Excel2010と2016の切り替えをワンタッチで行うマクロ

Excel/VBA

同じPCに2010と2016が入っている場合、通常は後にインストールした方がデフォルトで起動する様になっており、原則変更が出来ません。

前のバージョンのエクセルで開きたいって場合結構有るんですが、そんな時にはコントロールパネルでエクセルの修復を行わなければならずとっても時間が掛かる。。。そんな訳でワンタッチで切り替えれるマクロを作りボタン化してみましたのでご紹介。

切り替えマクロ

初めにツール「参照設定」からWindows Script Host Object Modelの追加を行う。

ボタン化してクイックアクセスツールバーに配置する

Excel上部の【ファイル】タブから【オプション】→【クイックアクセスツールバー】の順にクリックします。
【コマンドの選択】コンボボックスでマクロを選択すると先程作成したマクロが出てくるので追加をクリックします。

追加したら【変更】ボタンが押せるようになり、表示名とアイコンをカスタマイズ出来るようになります。

ハイ。すごくChangeっぽさが出ました。ちなみにリボンに登録する事も勿論出来るのでお好みで。

実際の動き

実行するとこんな感じで簡単に切り替えを行えるようになります。

このマクロは本記事の様にパーソナルに入れて置けば、そのPC上でエクセルを開く際にはこんな感じで簡単にスイッチ出来るようになりますので、混合して利用されてる方は是非お試しください~(ᵔᴥᵔ)

コメント